司法での素行調査の根拠

訴訟での素行調査の保証(収録テープの形態)

"素行調査(浮気探査)において、公判では浮気ことを複数回限りなければ別れ理由にあたらない結果、勝訴することが難しくなってしまう。
勝つためには、証拠を揃えなければなりません。浮気調査の証拠を制する為には、宿屋へ入って出向く写真や画像があればいいのですがどうも早々に撮れるものではありません。

 

テープレコーダーやボイスレコーダーを忍ばせて浮気の職場を削るには、バッテリー切れや忍ばせたレコーダーを気づかれないことが条件と繋がるので、こちらも難しいと思います。

 

しかし、収録テープを確証とするには、そこそこ使いやすい浮気調査の方法であると思います。真に浮気目標が分れば、自身で明かしに向かい収録しておいたり、自身の奥様のメッセージを収録しておく戦法だ。

 

しかし、こいつには注意が必要につながる。仮に、あなが録音テープを忍ばせて相手に気づかれないように録音していて確約として法廷で提出したとください。そこで、目当てが脅されて、真理と無関係なことをしゃべったと供述すると、どんなに真理とは、異なるとしても確約としては弱々しい物となり、やっと用意した確約が決定的な物とは認められません。ですから交流を関わる際に、録音テープにあなたが録音やることを相手に伝えた上で録りましょう。そうすれば一番確約となるでしょう。法廷ではそのほかに録音値をコピーに起した反訳書が必要になります。企業でもかまいませんが、相談していらっしゃる弁護士に申し込むことも可能です。"